株式会社クマクラ

営業/営業部

people先輩社員インタビュー

営業/営業部

interview

壁にぶつかっても、ひとつずつクリアすればいい。
たくさんの人の支えで、ここまで成長できました。

営業 若槻 翔

営業部 営業若槻 翔sho wakatsuki

2015年 新卒入社

PC関連の大学に通いSE(システムエンジニア)を目指していたが、人との関わりを大切にするなかで営業職に興味を持つように。大学では音楽サークルでギターとボーカルを担当。現在の趣味はドライブで、休日には愛車で横浜や秩父へのドライブを楽しんでいる。

人と話すのが好き。その思いでSEから営業職へ志望変更。

大学時代はSE(システムエンジニア)を目指し、PC関連の大学でプログラミングなどを学んでいました。しかしいざ就職活動を始めて、自分がやりたいことってなんだろう?と考えた時、一番に出てきたのは「人と話すことが好きだ」という思いでした。そこで、お客さまと近い距離で会話をし、直接「ありがとう」と言ってもらえる営業職の仕事が自分には合っていると考え、志望を変更。クマクラの会社説明会に参加した際、産廃処理を通じて環境という大きなものに影響を与えられ、世の中の役に立っている実感ができそうだとイメージが湧き、興味を持ちました。

イメージ

お客さまの前で言葉が出てこない。
ぶつかった壁と、超えたときの成長感

最初の頃は先輩に同行してもらってお客さま先へ行くのですが、打ち合わせ時にものすごく緊張してしまい、ほとんど言葉が出てきませんでした。人とのコミュニケーションは得意だと思っていただけに、悔しかったですね。そこから勉強をして知識を増やしていくなかで、自然とお客さまの前でも自信を持って話せるように。今ではお客さまが何を求めているかを感じ取りながら、受け答えもスラスラとできるようになり、営業としての成長を実感しています。

「ひとつずつ、クリアしていこう」心を救ってくれた先輩の言葉。

お客さまの前で上手く話せなかったときや、仕事に悩んでいるとき。同じ営業の先輩が「大丈夫。できないことをひとつひとつクリアしていこう。ゲームみたいにさ」と声をかけてくれ、心が軽くなりました。その先輩は、まるで兄のような存在でいつも励ましてくれたので、とても心強かったですね。これまでたくさんの人の力を貸してもらったので、これからは自分が誰かを助けたり、力になれるような人間として成長していきたいです。そのためには、まだまだ知識と経験を蓄える必要があると考えています。

イメージ

会社初、自身初の大仕事を受注。
決め手は、とにかく会いに行くこと。

大きな仕事を取れたときの喜びは、営業ならではの醍醐味。2017年11月、杉並区にある小学校の新築工事の大型案件を受注することができました。最初はお客さまとの関係性も十分に構築できていない状況でしたが、それでも諦めずとにかくこまめに会いに行き、現場状況のヒアリングや時には雑談も交えながら接点を増やすことで、徐々に打ち解けていくことに成功。結果的に、同業他社ではなく当社に依頼をいただくことができました。社内でも例を見ないくらい大きな案件だったので、ものすごく達成感を感じましたし、普段あまり褒めるタイプではない上司に「よくやったな。お前の力だよ」と言っていただけた時は、本当に嬉しかったです。

上司や社長との距離が近く、和やかな雰囲気です。

仕事で悩んでいれば「どうしたの?」と声をかけてくれたり、反対に自分から上司へ話しかけやすい風土が根付いているので、とてもアットホームで和やかな雰囲気の会社だと思います。熊倉社長自身が本当にそのような方で、気取らず、ご自身の考えを部下に押し付けるようなことをしないというのも、この社風の理由かもしれません。まさに「人は財なり」というモットーをそのまま形にしたような方ですね。「車好き」という共通の趣味があるので、たまに「最近これ欲しいんですよ」なんて車トークもします。本当にラフな雰囲気です(笑)。

企画開発/所沢エコ・プラント03